黒猫の山集り 焼き絵師Kと、猫達との非日常な日常

darkcats.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:クラフト( 1 )

……ぽにぽに……

焼き絵の行程ってのは、けっこう手間がかかりまして。
それは本来の絵描きの行程でも、まあ変わる事はありませんが。
モチーフを決める、構図を練る、下絵を入れる(しない場合もありますが)
描く…(この間いろいろ…行程は個人によってさまざま)
私の場合、板の選定、構図を決め、下絵を描き、カーボンを作って、
板面に下絵を写すまでが ひと作業で、これが一番の難業になるわけですが。
焼き焼きの行程は違う神経は使いますけど、いわゆる描く作業になるんで、
楽しいほうに気持ちは傾きます。
神経は使いまっせ。焼き入れた線は一度入れたら消す事が出来ないので、
…失敗が許されない代物。薄い線ならそれなりに目立たなくする事は
出来るんですけど…まずミスしないってのが絶対条件!

で、やっぱそれなりに疲れます。
集中力が切れるとミスしやすくなるのは何でも同じ。
なので、気分転換にビーズしてみたり、Macで絵を描いてみたりする訳ですが。
この間から、ちょっとハマったものがあって、今はこれかな〜?


先週あたりから作ってるのはこれ。

e0140987_911053.jpg



原毛を作った肉球。
画像はないけど他にもいろいろ。
和菓子だったりクッキーだったり。
まだ仕上がってませんが、ストラップとバックチャームに
加工しようと思ってます。

先日、カンちゃんに差し入れのお返し代わりにバックチャームに
作って上げたら、さっそくトートバッグに付けてくれました。

男の子なんで、ビーズは付けずシンプルにそのまま…。
けっこうかわいかった。
ふわふわで傷も付かないからケータイストラップにはいいかも。

白い肉球は本来のヴィより、ちょっと大きめのサイズ。
今日は原寸サイズを作ってみっか…。
[PR]
by wolf-pow | 2008-06-05 09:35 | クラフト | Comments(2)

焼き絵師Kと、背中の上に山のように集りたがる黒い同居猫達の日々。


by wolf-pow
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite