黒猫の山集り 焼き絵師Kと、猫達との非日常な日常

darkcats.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

皆既日食でした。
こちらは朝方は曇りで厚く雲が垂れ込めていましたが、
幸いにも日食の時間帯は太陽が照っておりまして…
日食グラスなんて、到底持ち合わせておりませんから、いそいそと自作。

結果は…



しっかり、見れました。
北部九州の最北端に位置するこちらでは、隠れる率は90%。
ダイヤモンドリングとはいかないまでも、けっこうな天体ショーでした。

最大に太陽が隠れた10時56分は、曇り空でもない、経験したことのない薄暗さ。
その時間帯、やかましいくらいに鳴いていた蝉の声が、確かに静まりかえり、
なんとなくですが、自然界はじっと息を潜めていたような。






画像はケータイなのでよくないけれど、いちおう。

e0140987_12414218.jpg


こんな感じ。

AくんとAくんのママと、店の前で観察していたら、私らが観察されてました。
他の店のお客さんを巻き込んで、大騒ぎしながら見てたので何事かと感じたでしょうな、きっと。
でもこういうのは大人数でやるのが楽しい。
なぜか、タイムリーに店のお客さんが見えられたので、簡易グラスを回し見しながら、
時間まで観測会をしていた午前中。


あ~~、おもしろかった。
[PR]
by wolf-pow | 2009-07-22 12:54 | Comments(0)

昨日のお客さん。

昨日来られたお客さんは女性の方で、外を眺めに店の入口近くまで
出てきていたシルヴィーに惹かれて、思わず店内に。
うちはこのパターンでお客さんがやってきます…。
一見さんは特に。

昨日の店番は私が一人。
相棒の猫柳はちょいと用事で不在にしていた時のこと。

猫が好きで、ほしいのだけれどご主人がなかなかOKをくれないらしく。
猫の話から保護したコ達を里子に出した話などをしているとおもむろに…
『じゃあ、このコ達は頂けるんですか?』

………えーと…。
このコ達は看板猫ですので、差し上げるわけにはいかないんです。
申し訳ないですが…。
とっても残念そうにしてましたが、すいませんが無理ですよ。
冗談でも譲ると言えばすぐにでも連れて帰りそうな勢いでした。

帰ってきた猫柳に話をすると
「ヴィーはこ~んなに大きくなっても、ポケットに入れて帰るって
いう人がまだおるんやね」
二人で大笑いしましたが、半分は苦笑い。
以前にも本気で連れて帰りたそうな方たちが、かなりな人数居りました。
………笑えない~~。



ぜひ、譲渡会などで里親さんになって上げてください。
いい子達が、あなたを必要としているこ達が
あなたを待っていますから…。


e0140987_17493799.jpg

[PR]
by wolf-pow | 2009-07-16 17:57 | | Comments(2)

焼き絵師Kと、背中の上に山のように集りたがる黒い同居猫達の日々。


by wolf-pow
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite