黒猫の山集り 焼き絵師Kと、猫達との非日常な日常

darkcats.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

賛同者募集中!! CLiP企画第1弾 思い出修復キャラバン 

随分と長い事、放置してました…m(_ _)mスイマソ-ン
イベントやら、イベントやら、次の展示会の準備やら…。
取りあえず、次の展示会のご案内は、また別の機会に書くとして…



現在、個人的にサポーターとして参加しているプロジェクトがあります。
私自身が直接参加することは出来ませんが(専門の知識を要する為です…)
このプロジェクトをサポーターとして支える事で、少しでも復興支援のお手伝いが
出来れば…と思います。

国、県指定の文化財はもちろんそうですが、被災された方々の大切な思い出や、記録は
個人にとってかけがえのない家族の絆であり、アルバムや写真や本もりっぱな文化財です。
イタリアで修復の技術を修得した絵画修復士2名と写真家1名が現地でレクチャーします。
震災で傷んでしまった写真や本などを専門家が直し方、保存の方法をお教えします。


現在、CLiPではスポンサー、協賛、支援をして下さる方々を募集をしています。
特に資金面での不足は深刻です。
詳細をお読みになった上で、賛同してもいいよ~と思われる方はぜひお願い致します。


以下、このプロジェクトの詳しい内容です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

CLiP企画第1弾

思い出修復キャラバン
本や写真のなおし方
東日本大震災で被害にあった大切な、本や写真
古文書、アルバムの直し方、写真で撮影する保存の
方法を、修復家と写真家が教えて歩きます。


開催地募集中



「思い出という名の文化財」

僕は2007年の中越沖地震で、家を失いました。
 
当時はイタリアにおり、東京に住む姉の電話で、家が全壊したこと、家族がなんとか助けだされたことを知りました。直接の「被災者」ではないのですが、スーツケースひとつ持ってきたもの以外は、殆どが瓦礫と一緒に消えてしまいました。
大好きなビートルズのCD、亡き師匠から貰った空手の黒帯、卒業アルバム、手紙…。
今でも何がなくなったのか、実は把握しきれません。
 
数週間後に帰国し、無事家族と再開し、ひとつのアルバムを見せられました。 
5歳までの写真が入ったアルバム。父がこれだけはどうしてもと、瓦礫の中から探し出してくれたそうです。
 
僕は先日、震災の時からもずっと支えてくれた人と結婚式を挙げることができたのですが、両親へのプレゼントとして、2人の成長の記録をまとめたアルバムを作りました。その時になんとか5歳までの写真は手繰り寄せることが出来たのです。
写真がもし残っていなかったら、色々なものを失ってしまったという大きな事実に、もう一度押しつぶされてしまったかもしれません。
 
優先しなければならないものがあることは明白です。
しかし今はあまり大切だと思えなくとも、思い出の品はきっとなんであれ、将来誰かの支えになる物だと思っています。
その「想い」と物をなおすという「技術」が少しでも役に立てたら、こんなに嬉しいことはありません。
全てがボランティアでやろうとしても、僕らの小さな力では成し遂げられませんし、長く継続していくことが出来ません。
そこで、皆様のお力を借りることが出来ればと思っています。
 
日本で起こった全ての震災において亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると共に、少しでも復興の助けになれることを願って。
 
絵画修復士 清水 俊之介



思い出修復キャラバン詳細

実施日:調整中
開催地:宮城県・福島県・茨城県沿岸部で調整中
※私たちでも探しておりますが、是非立候補も歓迎しております。


キャラバンの内容

水害などにあった「写真」「本」「アルバム」「古文書」などを、現地の老若男女問わず持ち寄って
集まってもらい、どのように修復や応急処置をすればいいのか、写真に残せばいいのか、
ワークショップを行います。
むずかしいことはせず、「とりあえず痛みつづけるをことをふせぐ」という、誰にでもできるやり方で、
大量に保存を進めていきます。
傷んだものは、もとに戻せません。ですからその大切な思い出を、デジカメにきれいに収めるためには
どうしたらいいのかをレクチャーします。
もし「こんなものもなおせたら…」などの、希望もできるだけ僕らと共に一緒に考えてみましょう。

こんな開催地を募集しています。

・体育館や公民館などのスペースで水が使えるところを貸して頂ける、または借りて頂ける自治体や
学校等の団体や個人のグループ。
・一緒により良いキャラバンをつくろうとしてくれる熱意のある方々

なぜ、みんなでやるのか
 
写真や本、アルバムなどにはプライバシーがあります。
そしてその大切さは、持ち主が誰よりも理解しています。 
そのため、私たちは、持ち主の方と一緒に手をとりあって、出来る限りご自身で
なおして頂くことこそが、大切だと考えます。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

私自身、な~んも力になれんのですが、出来る事をやろうっと。
それでは皆さま、よろしくどうぞ~~, m(_"_)m,オネガイシマス~







  
[PR]
by wolf-pow | 2011-05-11 00:38 | Comments(0)

焼き絵師Kと、背中の上に山のように集りたがる黒い同居猫達の日々。


by wolf-pow
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite