黒猫の山集り 焼き絵師Kと、猫達との非日常な日常

darkcats.exblog.jp ブログトップ

4周年…

シルヴィーとアッシュがやってきて、丸4年が経ちました。
一念発起して、相棒の猫柳と雑貨屋をOPENさせて半年後彼らはやってきました。
近所の新聞販売店で仔猫が産まれていると聞き、見に行ってみようか?
二人していそいそと見に行きました。
いました! かわいらしい仔猫たちが…。
のちのシルヴィーとアッシュです。
4匹のうち、シルヴィと同じシルバータビーの兄弟2匹はすでに里親さんに
引き取られていました。
アッシュくん、男の子だったのに残ってると言う事は…。
毛色で敬遠されちゃったのか…。
シルヴィーは…販売店の方が養女に迎えるらしく…、む〜〜残念。
でもアッシュ君は頂いて帰りました。

あくる日、アッシュがビービー鳴いている…。
あ…………、ごめん、うっかりしてた。
ひとりぼっちで寂しかったね。
いかん、いかん。
そうだよ、今まで母親やら兄弟やらが居たんだからさ〜。
て、もう遅いけど。べったり甘ったれになって現在に至ってるのはそのせいか?
そうこうしていると、販売店の所長さんがやってきて、
『すいません、もう一匹いいですか?』
手には、シルバータビーの例のコが。
どうやら周りからいろいろ言われ、悩んだ挙句育てる自信が無くなったらしい。
いいっすよ、引き取りま〜〜す。私、にんまり♡
実は何となく、確信めいたものがあったんですよね。
アッシュくんを頂いた時点でね…。

仔猫だった時もそうですが、シルヴィーは肝が据わってます。
少々の事では動じない。アッシュのほうが恐がりだもの。
今ではすっかりと、女王さまと下僕…みたいな図式になっとりますが〜〜。
ヴィー様、最近更に迫力が増しております。
シルバータビーの毛色のせいかよく言われる事に
『キレイですよね〜、よくお手入れされてるんでしょうね〜』
いえいえ、ブラッシング以外は殆どしてないですよ。
ちなみに彼らは由緒正しき洗濯機産まれのMIXでございます。
(母親はひょっとするとアメショーだったかもしれないですが…)

2日と3日は彼らが来た記念日でしたが、すっかり流してしまってた。
毎日が賑やかです。
何しても抵抗もしない、悪い事をされるなんて思ってもいないね。
あんなにも全霊で信頼を寄せてくれる彼らに感謝!!(もちろん家のコ達にも)
ずいぶんと君らに支えられてるよ。
君らが居なかったら、ゆっくりと精神崩壊していたかもしれないな。

e0140987_13575679.jpg


e0140987_13592544.jpg


e0140987_140838.jpg

by wolf-pow | 2008-06-08 14:14 |

焼き絵師Kと、背中の上に山のように集りたがる黒い同居猫達の日々。


by wolf-pow
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite